売れない物件は無い! アパート・マンション専門の無料売却査定と言えば・・・

売れない物件は無い! アパート・マンション専門の無料売却査定と言えば・・・

↓↓↓ コレ!↓↓↓

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

収益不動産の出口戦略!売れない物件は無い!

~アパート・マンション専門の無料売却査定~ 株式会社SGS _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~不動産投資のリスク~ ここ数年、不動産投資が世間の注目を集めています。 これまで投資を行っていたのは富裕層や土地オーナー(地主)が 中心でしたが、サラリーマンのあいだでも不動産投資が流行っているのです。

事実、数字を見てもその過熱ぶりは明らかです。 たとえば、国内最大級の不動産投資情報サイトにおいて 2012年1月末に9000件だった掲載物件数は、 2018年1月末に4万4000件へと増加。

これは6年間でおよそ5倍になった計算です。 ただしその一方では、不動産投資に失敗して 多額の損失を被っている投資家が少なくないことも事実です。 2017年後半から2018年初頭にかけて大きな問題となった、 シェアハウスの事件は、まさに氷山の一角といえるでしょう。 この事件では実に700人以上の投資家が自身の返済能力を超えた 借金を背負い、途方に暮れています。

ここで被害者になった投資家たちは、30~50代のサラリーマンが中心です。 本来、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」を実現できる 堅実な投資手法ですが、安易に始めるのは禁物です。 あやふやな知識だけで誤った投資対象に手を出せば、 シェアハウス事件の被害者たちと同じような轍を踏み、 大損することは避けられません。

事実、中古や新築の区分マンションを購入し、収支が毎月赤字となっている方もいれ ば、買取再販業者から中古の一棟物件を購入し、一部屋空室が出ただけでキャッシュフローがマイナスになっている方もいます。このような投資は、数字上、明らかに投資として成立していません。不動産投資を行う際には、そうしたリスクもあらかじめ加味しておかなければならないのです。 あなたの不動産は今いくら?査定はこちら ~アパートやマンション建設の供給過多~

今後、賃貸用の不動産を所有するうえで 最も注意を払うべきは、貸家の需要が高まっていないのに対して、 供給が増え続けているというところでしょう。 人口減少社会に突入した日本では、すでに全国で820万戸の空き家があり、 その半数超は貸家となっているのです。これから本格的な人口減少社会が到来し、 空き家が増え続けていくのは間違いないというのに、

供給過多にある貸家の供給がさらに増え続けるという状況は、 遅くとも10年後には、全国的に貸家の賃料が 大きく値下がりすることを決定づけてしまっているといえるでしょう。 アパートマンション今が売りどき! ~SGSの役割~ 不動産を運営するには市場調査や運営技術など高度なスキルが必要となりました。

管理・運用のアウトソーシングにも常に費用負担があり、リスクを伴います。 不動産には“正の資産”“負の資産”が混在するため、やみくもに資産を残すのではなく、 同様にすべてを売却する事でもなく“正の資産”を後に残す事こそが重要であり 本質です。ただ所有しているだけでは富は生みません。 不動産の売却が資産形成に確かなメリットをもたらす時代になりました。 SGSでも売買仲介の相談件数が年々増しており、 新時代に必要な建築・法律・金融など、あらゆる面から 物件情報を精査し経験豊富なスタッフが 売却に欠かせない知識を活かし、ご要望に沿った売却戦略や買主様との条件交渉など、

ご納得いただけるご売却を追求しております。 株式会社SGSアパートマンション専門の売却査定 売却査定の見直し、売却査定にもセカンドオピニオンが必要不可欠です!

売れない物件は無い! アパート・マンション専門の無料売却査定と言えば・・・

↓↓↓ コレ!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください