体質 短距離選手タイプ|遺伝子検査(解析)・ゲノム解析サービス| ヘルスケア スポーツ BSH ビジネスソリューションハブ

■体質 短距離選手タイプ

速筋線維と遅筋線維のどちらが多いか、短距離走者とマラソンランナーどちらのタイプであるかに関する項目です。

2短距離選手タイプとは?

筋線維は大きく分けて速筋線維と遅筋線維の2種類があります。速筋線維は酸素を用いずに糖質を分解してエネルギーを産出する解糖系代謝が発達しており、短距離走者など瞬発力が必要なスポーツ選手は速筋線維が多いといわれています。遅筋線維は酸素を用いて糖質や脂質を分解してエネルギーを産出する酸化系代謝が発達しており、マラソン走者など持久力が必要なスポーツ選手は遅筋線維が多いといわれています。筋線維の構成に遺伝子が寄与していることが知られており、その中の一つにACT3遺伝子があります。この遺伝子変異は健康に全く影響を与えませんが、速筋線維・遅筋線維どちらが多いかに影響を与える可能性があります。

■33%OFFで購入可能なクーポンコード GQSEP2204

33%オフで購入できるクーポンコードを是非ご活用ください!

ヘルスケア関連企業様、スポーツ関連企業様のビジネスのお役に立つ情報をお届けします!

●【公式】footbull フットブル ヘルスケア・スポーツ|BSH ビジネスソリューションハブはコチラです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください