ランボルギーニ Supreme ルイヴィトン ミニカー買取無料査定 往復送料も無料!

ミニカー高価買取の往復送料無料の無料査定と言えば・・・

↓↓↓ コレ!↓↓↓

ランボルギーニ Supreme ルイヴィトン

ランボルギーニとは?・・・

ランボルギーニ(Lamborghini)は、イタリアの自動車メーカーである。

正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)。

創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニは、第二次世界大戦後、イタリアにトラックが不足していることに目を付け、軍が放出するトラックを民生向けに改造し販売することで富を得た。

また1960年にはランボルギーニ・ブルチアトーリ SpAを設立し、ボイラーとエアコンの製造販売を手掛け、これも成功を収めた。

イタリア・モデナにあるトニーノ・ランボルギーニ・ムゼオにフェルッチオが関わったランボルギーニ製品が展示されている。

2006年の年間販売台数は、176台(統計資料、JAIA日本自動車輸入組合)。

2007年3月には、ランボルギーニ大阪を経営する光岡自動車の顧客情報(ランボルギーニ大阪店)がインターネット上に公開されてしまう事件が起きた。

ちなみに、ランボルギーニトラクターも日本国内で販売されており、かつてフェラーリの輸入元であったコーンズの関連会社である株式会社コーンズエージーが販売を行っている。

これによる参戦キャンセルによる違約金支払を回避するために、ランボルギーニが実質的なワークス・チーム、モデナに再編成して参戦した。

なお鈴木亜久里が日本グランプリで日本人としてはじめて3位入賞を飾ったローラ・LC90もランボルギーニ製ユニットを搭載していた。

SUPER GTには、JLOC(Japan Lamborghini Owner’s Club)より、全日本GT選手権の初期から参戦している。

これにランボルギーニも全面的に協力しており、このレースのためにディアブロ以降のマシンをワンオフ作成している。

ランボルギーニがFIAの国際格式レースで優勝したのはこれが初めてのことだった。

ランボルギーニ製造施設内に設置された同スタジオでは、新車購入時にカラーリングやインテリアトリムなどを思い通りに仕上げたいという顧客の要望に応えるため、エキスパートスタッフが個別対応する。

(引用元:ウィキペディア)

ミニカーなどホビーの高価買取と言えば・・・

↓↓↓ コレ!↓↓↓

トミカの高価買取と言えば・・・

↓↓↓ コレ!↓↓↓